薄毛・抜け毛は治療可能!agaクリニック総合ランキング

top > agaについて > agaの原因やクリニックでの治療法

agaの原因やクリニックでの治療法

薄毛に悩む成人男性の9割近くはagaです。
主に男性ホルモン・テストステロンが発毛サイクルを乱すことで、agaになります。
男性ホルモンは体毛を濃くしたり筋肉をつけたり男性らしい体つきにするのに必要なホルモンです。
しかし、頭頂部や前頭部の髪の毛を薄くするマイナスの性質もあります。
従って、テストステロンを抑える事は、aga予防に繋がります。
育毛クリニックなどに行けば、テストステロンを抑える薬を処方してもらえます。
内服薬やサプリメント、外用薬の処方が基本ですが、希望をすれば育毛メソセラピーなどの薄毛治療も受けられます。
育毛メソセラピーは、頭皮に成長因子やアミノ酸やビタミン類などの栄養を浸透させる治療です。
注射器やローラーなどを使用してダイレクトに浸透させるので、頭皮に塗るよりも高い発毛効果があります。



agaにはミノキシジル入り発毛剤

agaは男性に多い男性型脱毛症です。
頭頂部や額の生え際を中心に、抜け毛が増えるのが特徴です。
agaになったら、早めに頭皮ケアをすることが大切です。
なぜならそのままにしておくと抜け毛が悪化するからです。
抜け毛予防に効くアイテムが発毛剤です。
発毛剤には「ミノキシジル」などの発毛促進成分が配合されています。
ミノキシジルは毛細血管を拡張し、血流を増やす医薬品です。
ほとんどの発毛剤に配合されていて、塗るだけで驚くほど発毛します。
低濃度のミノキシジルであれば薬局でも手に入りますが、5%以上のミノキシジル配合発毛剤は医療機関に行って処方してもらう必要があります。
ミノキシジルは効果が強いだけに、一歩使い方を間違うと副作用が出るリスクがあるので注意が必要です。
医師の指示に従い、正しく使うことがaga改善の近道です。



自然にagaが治る自毛植毛手術

自毛植毛は自然にagaを改善することができる、画期的な治療です。
ナイロン製の人工毛髪を植毛するのが普通の植毛です。
それに対して、自毛植毛は自分自身の頭皮から取り出した細胞を移植します。
移植した細胞が頭皮に定着すれば、自然にヘアサイクルを繰り返すようになります。
そもそも自分自身の細胞なので、副作用が起こることもなく、安全性が高いaga治療です。
アメリカではagaの一般的な治療として自毛植毛が定着しています。
手術費用も日本よりずっと格安です。
日本でも、最近は自毛植毛をしている発毛クリニックが増えてきています。
生え際など部分的な植毛なら30万円程度でできますが、広範囲の植毛だと100万円以上するのが一般的です。
ほとんどの発毛クリニックでは、医院分割ローンを組んだり、クレジットカード決済ができます。

次の記事へ

カテゴリー