薄毛・抜け毛は治療可能!agaクリニック総合ランキング

top > agaについて > agaになるリスクは検査で分かる

agaになるリスクは検査で分かる

男性型脱毛症はagaと言う名称でも知られています。
男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつき、脱毛ホルモン・ジヒドロテストロンが発生することでなる薄毛です。
agaになるリスクは遺伝します。
祖父や父親が薄毛の場合は要注意です。
まだ薄毛ではないけど家系的に自分も将来薄毛になりそうだと不安な場合は、育毛クリニックで検査を受けるのがおすすめです。
育毛クリニックによっては、agaの遺伝子リスク検査をしてくれます。
毛髪を数本採取するだけで、将来薄毛になるかどうかがわかる検査です。
検査費用は1万円?2万円くらいで、検査結果は1カ月くらいで分かります。
生まれつき薄毛の遺伝子を持っているかどうか科学的な検査でわかれば、早期対策がしやすくなります。
また、遺伝子を持っていないとわかれば、余計な心配をしないで済みます。



agaに効果がある医薬品プロペシア

agaの代表的な治療薬がプロペシアです。
プロペシアは、抜け毛の治療をしているスキンクリニックに行くと処方されることが多い「飲む育毛剤」です。
プロペシアはフィナステリドを有効成分としています。
フィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療のための薬として開発されました。
その臨床試験の段階で薄毛が治る患者が続出したことから、発毛効果があることが判明し、プロペシアが誕生しました。
プロペシアは世界で初めて生まれたagaの治療薬で、世界60カ国以上で認可されています。
日本の薄毛治療の医療現場でも、プロペシアは欠かせない医薬品です。
ただし、男性ホルモンに作用するため、飲むときには注意が必要です。
今は輸入通販サイトで処方箋なしでプロペシアが購入できます。
しかし、安全のために最初はスキンクリニックで処方してもらうのがお勧めです。



aga治療費の相場や安くする方法

病院の薄毛治療は健康保険適用外なので、100%自己負担になります。
そのため、少なくない治療費がかかります。
しかし、最近はリーズナブルな費用で薄毛治療ができる病院が増えています。
薄毛治療は続けることが肝心です。
お財布と相談しながら、続けられる病院を選ぶことが大切です。
aga治療で基本的に必要になるのがプロペシアです。
プロペシアの1ヶ月分の料金は、8千円から1万円位が相場です。
プロペシアよりも効果が高いという最新aga治療薬ザガーロの場合は、1ヶ月分1万2千円以上します。
経済的な余裕があるならいいですが、1ヶ月1万円もかけられない場合は、ジェネリックがお勧めです。
プロペシアのジェネリックであれば、1ヶ月3千円程度です。
ジェネリックといってもプロペシアと同じ成分を配合しているので、同じ効果があります。

次の記事へ

カテゴリー