薄毛・抜け毛は治療可能!agaクリニック総合ランキング

top > agaについて > 男性型脱毛症agaの主な特徴

男性型脱毛症agaの主な特徴

 agaとは男性型脱毛症のことで、成人男性によくみられ髪が薄くなる状態です。思春期以降に生え際や頭頂部のどちらかまたは両方髪の毛が薄くなってきます。原因は一般的には遺伝や男性ホルモンの影響です。抜け毛が進むと薄毛げ目立つようになってきます。
 agaは何もしないとどんどん髪の毛の数が減り続け徐々に薄くなる進行性で早めのケアが大切です。agaの特徴には脱毛の進行パターンがあります。額の生え際から後退するタイプや頭頂部から薄くなるタイプ、そして混合タイプなどいろいろなパターンがあります。
 薄くなった部分の髪の毛は柔らかくて薄く、短い状態です。20代後半から30代にかけて髪が薄くなりはじめて、40代以降にはおでこの生え際が後退して頭頂部の髪がなくなるという特徴があります。

 agaの症状は成人男性の約3人に1人に現れ多くの人が症状に悩んでいますが、治療のために医療機関を受診したり、市販薬を使う人が少なく、抜け毛や薄毛がゆっくりと進行していきます。ただし薄毛になっても産毛は残っているため、毛根がある限り髪の毛は太く長く育つ可能性はあるため諦めるには早く、早めにケアすることが大切です。
 自分の薄毛がagaなのかをチェックする方法は簡単にチェックすることができます。親や親族に薄毛がいる場合や髪が思春期以降に薄くなりはじめた場合、最近薄毛が増えた場合や薄毛が進行していると実感がある場合、髪の毛が細く短く柔らかくなった場合と薄毛が気になる場所はおでこの生え際や頭頂部という場合といった気になる項目が多い場合にはagaの可能性が高いです。
 はっきり検査したい場合には専門クリニックに相談してみることがおすすめです。薄毛になる原因は髪の毛が成長不良になってしまうからです。agaになると髪の毛が細くなり短く柔らかい状態になりますが、理由は髪の毛が太くなる時期が短いことが原因です。
 髪の毛には毛周期というサイクルがあります。毛周期のサイクルは髪の毛が太く長くなるために成長する成長期が2~7年ほどあり、髪の毛を伸ばそうとする活動が弱まり髪の毛の根元が枯れてる退行期が2~3週間ほどあります。
 外れた髪の毛が毛穴から抜けて次に生える毛を待つ休止期が3~4ヶ月ほどの期間があります。通常の状態では成長期が2~7年ほど期間がありますが、agaの場合には数か月から1年ほどで終わってしまい髪の毛が育つ前に抜け落ちてしまいます。

 成長期が短くなる原因は遺伝と男性ホルモンが関係しています。髪の毛の成長期を短くする原因はジヒドロテストステロンというホルモンで男性ホルモンのテストステロンが変化したもので男性ホルモンの一種です。
 テストステロンは男性らしい身体の形成に関わるホルモンで血液によって全身に運ばれます。テストステロンが髪の毛根にある酵素によって変化したものがジヒドロテストステロンです。ジヒドロテストステロンが毛根部分と結合すると髪の毛の成長期を短くしてしまいます。
 毛根には酵素がある毛根ともたない毛根がりますが、おでこの生え際と頭頂部には酵素を持っている毛根が集中していて、ジヒドロテストステロンが作られやすく薄毛が進みます。agaになるかはジヒドロテストステロンの影響を受けやすい体質かもポイントになりますが、体質は遺伝からの影響が大きいです。
 ジヒドロテストステロンの影響を和らげる治療薬があるため遺伝であっても諦める必要はありません。

カテゴリー